FC2ブログ

出撃、連れ出しで時間を割かれる。

昨日、出撃してきました。

成果は1連れ出しでした。

その1連れ出しで2時間半も時間を使い、殆どそれに時間を取られ終わりました。




五人目くらいの女の子に直接法で声掛け、ルーチンと自己開示を使った時点でお茶打診。

女の子「いいですよ。✖︎✖︎という喫茶店に行きたいんですけど」

この時、ご飯のタカリかどうかを疑う。

タカリだったなら完全に時間と労力の無駄になるので、そう判断した時点でお金だけ置いて私は店を出れば良いと判断して女の子と✖︎✖︎へ。


✖︎✖︎は1時間以上並ばなくてはいけないほど劇混み。

なんでもテレビで紹介されていて行きたくなり、それで行きたいと言った模様。

近くの喫茶店に入る。

今までお茶連れ出しをしたのに、ラインが返って来なかった事が多々あるので、テーマを’徹底的に和む事’にする。


それが上手くいったのかは分からないが、当初〇〇時迄には店を出なくてはいけないと言っていたのに、〇〇時を1時間半オーバーする迄話しあった。


私が大袈裟に褒めたり、相槌をうったり、オウム返しからの次への誘導をしたり、ネタ振りをしたせいか、まあよく喋る事。


やはり女性の、約束がある、〇〇までにいかなければならない、待ち合わせをしている、は真に受けてはいけませんね。

そこら辺は聞いてもいつもスルーしてますが。


会話はタイプである事は伝えましたが、恋愛的な要素が絡むモノはしませんでした。
それらは次のアポが入った時の準即狙い時にするべきとの判断からです。

純粋に仲良くなる意味での和みに徹しました。


仕事の話し、好きなスポーツや音楽の話し、休みの日は何をしているか、好きな食べ物や飲み物、家族(これは女の子が家族と不仲じゃない事を確認してから)の話し、友人の話し、などをしました。


女の子は聞いてない事も笑顔でペラペラ喋りました。

最後の方で私は年齢を聞かれ正直に答えましたが、私が既婚者じゃないかと疑念が生まれたような気がしました。


喫茶店から出た後も彼女と最寄り駅まで話し、軽い握手をして別れました。


声掛けから喫茶店まで15分、喫茶店で2時間、喫茶店から駅まで15分、計2時間半費やしました。


これでたとえ準即が出来なくてもアポに繋がれば良いのですが、ここまでやってもアポれないと精神的にきます。

準即が出来なかったらそれは私の力量の問題です。

2時間半、ナンパで女の子と喋り続けたのは始めての経験です。

これで和みが足りない、警戒心を解けなかったとなると、私は途方にくれます。


女の子のスト値は5.5です。
最初の声掛け時は5でしたが、笑顔が可愛いかったので0.5プラスです。

そして、やはり私の声掛けの対象はスト5以上にしなくてはいけないと改めて思いました。

声掛け時にまさか2時間半の長丁場になるとは思ってもみませんでした。

私が相手の話しを根気よく聞いたのもそれなりのスト値だったからです。

5未満だったら私の方から会話を切り上げてました。



昨日はこの子以外も反応がよく、これからは行かれそうになったら最後のワンフレーズ(考案済み)を言う事にしました。





学び

①話を聞いてくれる子は聞いてくれるし、聞いてくれない子は聞いてくれない。それだけの話。だからスト高狙いといえど数をこなす事が重要


②誠実系声掛けの後は笑わす事より自己開示が良いかもしれない。これは相手の反応次第でケースバイケースになる。




追記

ラインの返信がありません。

これはダメなパターンですね。

ここまで和んでどうにもならないのなら、どうして良いのか分からない

これも数をこなすしかないのか。。

振り返ると改善点として、年齢を聞かれて既婚者と疑念を持たれた時に、自分の恋愛遍歴(ルーチン)を語れば良かったかも。

また、一般的な和みに徹し過ぎて、性的・恋愛的要素を一切話さなかったのはミスだったかも。

自分の恋愛遍歴を語り、相手のを聞きだし、そこから派生させて色々と話せば良かったかも。



ナンパ道は苦行道です。

スポンサーサイト

ナンパをする理由



これは非常に単純で、年齢柄・職業柄・交友関係柄、異性との出会いがナンパしかないと行きついたからです。


それに学生の頃からナンパをしたいと思ってましたが、勇気が無くて出来ず、昼ストをやっている今はその夢を叶えたとも言えます。


そして、恋愛がしたいというのが一番の理由です。

私がスト高にしか声を掛けないのはその為です。

慣らしは別としてスト5以上(スト値の基準は最初から2番目の記事を参照願います)にしか声掛けしないのはそれ未満とは恋愛したいと思えないからです。

私がスト5判定している子でも人によっては美人、可愛いの部類に入るかもしれないです。



ナンパ師さんのスタイルや目的は様々でしょうが、私は即系を即したりする事に目的は置いてません。


低ストだったらナンパで落とせるのかという話にもなりますが、多分無理でしょう。

しかし、私は低ストに好かれる体質があるのか、喫茶店や居酒屋で逆ナンされる事がたまにあります。

そのまま相手の家に行ったり、ホテルに行った事もありますが、全然楽しくないし満たされないんですよね。


思えば学生の頃も可愛いくない子からは好かれて本当に好きな子には振り向いてもらえなかったです。



中ストに好かれて付き合った事もあります。
しかし、年単位で付き合ったその子との事を思い出しても何とも思わないのに、友人関係で終わった美人の事を思い出すと心が痛むし、また会いたいという感情もあります。



身の程をわきまえろって話ですが美人とじゃなきゃ付き合いたくありません。


それにはもうナンパしか手段が残ってません。

身の程を超えた事をしてるので上手くいかなくて当たり前という前提のマインドセットはしてます。



出撃した後はいつも疲弊してるし、いい歳して何をしてんだと思いますが、ブランク前にはスト高にタイプ落ちして貰った事もあり、容姿がナンパに耐えなくなるレベルに劣化するまでは頑張ろうと思ってます。



これが理由です。





出撃、花粉症にやられる


今日は出撃してきました。

花粉症にやられ、挫けそうになりながらナンパしました。




街に降り立った後に今年初の花粉症の症状が。

私はその年その年で花粉症になったり、ならなかったりします。

今年は昨日まで知り合いが花粉症で苦しんでる中、喉の痛みが若干有るだけだったので、今年は大丈夫だと思ってました。


まさかのナンパの為に街に着いた途端に今年初の発症。

慣らしの声掛けをしようとしても鼻水が出かかったりして出来ませんでした。

これではナンパは無理なので、吹き抜けのビル内ベンチに座り症状が落ち着くのを待ちました。

が、良くなりませんでした。

無念の帰宅が頭をよぎった後に花粉症の薬を飲む事にしました。

薬局に行き、薬剤師さんに即効性の高い薬を頼み購入し飲みました。


薬を飲んで30分経っても良くならなかったら帰ると決めました。


30分後、症状は軽くなりました。

これ以上は自分の努力でどうにもならないので、ナンパすることにしました。

寒いから、暑いから、風が強いから、体調がイマイチだから、街に人が少ないから、ナンパをやらない理由は無限にあります。


やらない理由を探してやらないのだったら最初からナンパという継続困難なモノは辞めてしまえと思ってるので、やると決意しました。



その後、合計10人強に声掛けしましたが成果は何もありませんでした。

しかし、内容的には前記事の平日出撃より遥かに良いです。

地蔵や人目を気にすると言ったこともありましたが、それらを払いのけ、何人かの女の子にはガンガン行けました。


今日は最短20分でナンパから買い物に切り替えようと思ったところを自分に対して粘りを見せ、前回生じた課題を克服した事(地蔵はいつでも発生しますが)は大きいです。





分析

①最後から2番目の子

入り(声掛けの態度、角度、トーン)は非常に良かった。
相手の最初の反応は良かった。最初のルーチンでは笑わせ意識をこちらに向けさせることには成功した。

その後の笑わす系のルーチンが通じなかったので、褒めまくれば良かった。

②最後の子

①の子との経験を踏まえ、褒めまくる事をテーマにして平行トークしたが、花粉症の症状が出て声掛けからのオープンが悪くなり、あまり話を聞いてくれない状態に。褒めまくったが警戒心を解けずに終わった。




学び

①何度やっても間接法から直接法への移行が自分には難し過ぎる。
直接法一本で行くしかないか。


②以下の流れが良いと今までの経験から判断


声掛け→オリジナルルーチン→更に褒め→自己開示→褒めながら状態描写→相手の状態を見極めてトーク


③日常生活でも息を吐くように相手を褒めるべし



ナンパには何処にも軟派な要素はなく、苦行の道です。
再開後、明確な成果は出てないですけど、美人さんと10分単位で話すだけで私のような単純人間はハッピーになれます。