FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会的地位とお金を手に入れるしかないか。

自分で言うのもなんですが、相当な努力はしてると思うんですよ。


年齢的な問題、身の程をわきまえない高望みのし過ぎから結果は不甲斐ないものとなってますが。
(あーあ、30代前半迄は逆ナンされるくらいだったのに、加齢による容姿の衰えはどうにもならんなあ←魂の叫び)


ナンパを続けながら社会的地位とお金を手に入れるように動きます。


これも心の叫びですが、「もう駄目かもしれない、手遅れかもしれない、しかしそんな事は関係ない。
出来うる限りの努力をして、その答えが合ってるかの答え合わせは死ぬ間際にすれば良い」

以上のつもりで昼のスト高相手のストナンを続けてます。


非モテと言う現実と向き合い、それを取り除きに行きます。
取り除く過程の痛みで死ぬなら本望です。



さて、ある以上の年齢になるとモテと社会的地位や所持資産の多寡の関係は密接になります。
(お金があっても全くモテない人や、親から一生遊んで暮らせるお金を相続しながら病んで引きこもりになってるリアル知り合いとかもいますが)


これを上げるにはどうすれば良いか考えます。



①社会的地位

今勤務している会社は正社員が10人も居ない零細会社です。
去年、社長から跡継ぎ打診を受けました。
社長は80歳近くですが子供が居らず継ぐ人がいません。

打診を受けた時は言葉を濁しましたが、3年後には社長も引退したいとの事です。


今はこれを受けようと思います。
(会社の株の買取などの詳細は今は置いときます)

ただ、社長になったからと言って、付き合う人間のレベルは変わりません。
これが上場企業なら役員になるだけでも一気に世界が違って見えるのでしょうが

給料は明らかに上がるので、それはメリットになります。

仕事は一気に忙しくなるし、従業員やパートの雇用を守る義務が生まれるので逡巡してましたが、ここは上を狙いにいきます。


②お金

仮に社長になるにしても3年後ですし、3年後でもアラフォーですが、お金は早期に大金を手に入れる必要があると最近つくづく感じてます。

幸い株式投資は13年の経験があり、負けた年は2年だけなのである程度のセンスはあると思います。
(勿論、これも相当の努力と粘着力を発揮してます)

2019年はリスクを大きく取る口座を作り、そこにそれなりの大金(失ったら痛いけど、私の人生に直接への影響は与えない額)を投入し、大きく張りにいくつもりです。
敗れたならそれまでです。






結局、社会的地位も大金も手に入れた事がないから手に入れた後にどんな景色が見えるか分からないんですよね。

お金があれば色々できるのは簡単に想像できますが。



とにかく、ナンパをしながら社会的地位の獲得と資産の向上を目指します。


その先に真の幸せがあるかは分かりませんが、挑戦する価値はあります。











スポンサーサイト

猿山のボス理論や肩書きから来るモテについて



女性にモテる条件の1つとして、「どんなに小さなグループでも良いからそこのボスになる」ってのがありますよね。

感覚的には中学生でも分かる話しです。

中学では顔がブサイクでも喧嘩が強く学校を仕切ってるのがモテ、高校では人気のあるスポーツの運動部のキャプテンやレギュラーがモテると。

まあ、私は高校は男子校だったので実体験としては見てないですが、中学は不良がモテていたのは身近に見てました。


社会人の場合だと、新人の女の子が仕事が出来て頼れる先輩に惚れてしまうパターンでしょうか。

しかし、女性経験の少ない非モテの私の経験や観測範囲ではちょっと違うような気がするんですよね。




私は高校、大学と運動部に所属しており、いずれもそれなりの強豪校でレギュラーをずっと張っており、特に大学では賞を取るレベルでした。

しかし、運動部属性でモテた事はないです。
大学で同じ運動部の子に告白された事があります。
私のどこが良いのかきいたら顔がタイプとの事でした。

先輩で主将を務めていた人や同期の主将には可愛い彼女が居ましたが、大学体育会キャプテンだから可愛い子と付き合えてたとは今考えてもそう思いません。
(思えば、同期は別れたが、一個上、二個上の先輩はその時の彼女と結婚したなあ)


私自身、大学のスポーツ新聞に出たりしましたが、それで周りから一目置かれる事はあったがモテには繋がらなかったと思います。




ネット上ではコンビニとか小さな世界でもトップになればモテるみたいな事が書いてあるのを見ましたが、私は学生時代コンビニ2つでバイトした事があり、女子大生のアルバイトも多かったですが、2店とも店長はモテるどころか舐められてました。


カラオケ店でバイトした事もありますが、これも同上です。



以上から肩書きやグループのボスになるのとモテに相関関係は無いとの結論です。


しかし、これはあくまで学生迄の話しであり、社会人だと別なのかもしれません。

社会人だと付き合いの延長上にどうしても結婚の2文字が出てくるので、ステータスが重要になってくるのだと思いますが。




話題を変えます。

私は恋愛工学についてはキチンと調べた事はありません。
(藤沢数希の「僕は愛を証明しようと思う」を読んだくらいです)

調べてない前提で書きますが、恋愛工学の要諦は如何に自分を凄い(お金、人脈、社会的地位、モテそうに見える)人間に見せるかであり、それは方法として正しいと思います。

正しいと思うのですが、結局は凄い自分を演出しても、刺さる相手と刺さらない相手に分かれると思います。

一定数には刺さるのだから、やる人はどんどんすれば良いと思ってます。



刺さらない例を具体的に挙げると、私が新卒で入った会社の1番美人だった同期(大学院卒)は東大卒の三ヶ国語が喋れる同期に散々口説かれてましたが、同期の高卒の子と結婚しました。
この美人と結婚した高卒同期の子は研修で同じグループだったので結構喋りましたが、とても素直で明るい子でした。

ネット上の一般論じゃ東大卒の帰国子女と高卒で後者を選ぶ女性は居ないって論調ですよね。


色々書いてて自分でも頭がこんがらがってきましたが、世間一般で言われるような猿山のボス理論や女性の上方婚志向は、私の少ない観測範囲では違うと結論づけたいです。
ただ、人の考えや嗜好は様々なので、結局は一概には言えないとの当たり前の意見で今回の考察を終わらせます。



ただ、これも観測範囲の中のみですが、美人と結婚したのは全員イケメンなんですよね。





私もネットに毒されてる所が多分にあるので認知の歪みを矯正する必要がありそうです。



メンタルの安定


ナンパの影響なのでしょうが、最近は性格が特に攻撃的になるし、こらえ性もなくなるし、怒りっぽくもなりました。

公私共にその傾向は表れ、一言でいうと言動が横柄になっていました。
人のちょっとしたミスが許せなくなっていたり、過去の私に対してふざけた事をした人間の事を思い出したりして勝手にイラついてました。

実害が出なかったので良かったですが、ここ数週間メンタルをコントロールする事に腐心し、漸くここ3,4日、その効果が出てきました。

常に抱えていたイライラが消えました。

方法については上手く言語化できないです。
内面からくる原因不明(原因を直視してないだけかも)の怒りやイライラを消去する努力をしたのは事実です。



メンタルが安定していない人間が幸せになれる訳はないので、今の状態をキープしたいです。



私の内なる攻撃性が一気に出てきたのはナンパが原因なのは明らかです。

ナンパはトランス状態にならないとできないとも言われ、それは当たっているとも思います。
酒の力を借りないとナンパできない人も多いみたいですが、シラフでやるには相当厳しいって事でしょう。

私の場合、酒を飲んでのナンパはしないので、シラフから何の力も借りずトランス状態に移行していたので、日常生活でもナンパ時以外にもそれが出てきたのではないかと推測しています。


ともあれ、今は落ち着いてるので、落ち着きつつ力強く明るくナンパをしていきたいです。

ナンパを一回やり切って人間力が強くなり派生で攻撃的になったりイラつきを覚え、それを内面の努力(アンガーマネジメント?)で抑え込む。
以上をループして成長していくのだと思います。

振り返ればナンパを始めてから既にこれを何度か繰り返してるのは確かです。

ナンパによる、負の副次効果にも対処して、始めて自己啓発と言えるのかもしれません。


そういう意味ではナンパ継続による気付きは多いです。




一つの目標?としてトランス状態にならずにナンパするというのが出来ました。

警戒心を解く為には、声掛けからの自己開示や感情の揺さぶりをするには一気に喋る必要があります。(ケースバイケースだが)

一気に喋ってる内にトランス状態になる事はしばしばあります。
しかし、もっと余裕を持てばトランス状態にならず、喋る事も可能な筈だ。

そのレベルまで持っていきたいですね。


迷い中


しばらくナンパを行っておりません。

私は汗かきで夏は髪が直ぐ濡れるので、6月~9月はナンパができません。
そして、自分で言うなという話ですが、長身の為にコート映えするので、今が一番ナンパに適してるのにも関わらずです。


当初はナンパは「美女と付き合いたい」という単純な動機で始め、続けていくうちにこれは苦行の道だと気づき試行錯誤しながら今まで続けてきました。

当初は自己啓発のつもりは全くありませんでした。


続けていく内に自分がどんどん強くなり、プライベートでそれまで成し得なった事ができるようになり、一つ、私の人生の重荷になっていた事が完全にではないけど解決しました。少なくとも一つの区切りをつけられました。(抽象的ですいません)


それが終わった後にナンパをしようとすると、負のイメージが湧いてきて、ナンパ目的外出が面倒くさくなってます。

負のイメージというのは、声掛けやガンシカが怖いというのではなく、準備を含めたら休みの日の半日を使ってるのに具体的成果が上がらない事です。

ナンパは習慣化が肝心ですが、単純に声を掛けたりルーチン会話をするだけなら、特に問題なくできるでしょう。
今までそれを乗り越えてきましたから。

ただ、結果が出ない事を想像すると怯みより面倒くささが発生します。

LINE交換しても嬉しくない、スト5程度じゃ連れ出ししても嬉しくない、スト7以上でも15分会話しただけでは幸福感を感じない。

これではモチベーションも上がりません。

ナンパマシーンとなってスト高に突撃して砕け散るのもありですが、流石に感情を持たない状態にはなれません。


私が童貞だったり、彼女居ない歴=年齢なら、スト値を下げても即を目指すべきなのでしょうが、そうではありません。

とは言っても、私の場合は年齢によるリミットが近い(ストナンは見た目の若ささえ保てれば還暦でもできるとは思いますが)のでどうしたものか悩んでます。

ナンパをは始めたのは2015年の冬からで、本腰を入れるようになったのは2016年の10月からです。2017年は3~9月は一旦は引退を決意してやめました。

それでも、ガチでナンパをした期間は通算2年になります。

2015年に決めたリミットである2018年春はとっくに過ぎ去ってます。

今の私はナンパに依存するナンパマシーンならぬナンパゾンビのような感じです。

ナンパをした事に全く後悔はなく、やって良かったという気持ちは非常に強いです。

ならば、しばらくは感情を殺して続けるか。。

迷いますね。





私は良くやっている。


『貴方が頑張ってるかどうかは周りが決める事であり、貴方が決める事ではない』

自分がどういう人間であるかは他者が決めることであり、自分が決める事ではありません。

カッコ内の言葉は常々人に対して思ってる事であり、私は職場では一応管理職でして、部下に対して実際に言い放った事もあります。

いい歳してまだこれが分からない人もいるんですよね。
自分で自分の事を優秀だとのたまう人間が。お前が優秀かどうかは他人が決めるんだよ。
まあ、こういう人は一生気づかず人生を終えるんでしょうが。


それと矛盾するんですが、私はよくやってるなあと思うんですよ。心から

こうやって業務中にブログの更新してますが、これも社長が私の仕事振り(臨機応変さ、調整能力、各位への報連相、部下の管理)を評価してくれて、暇な時は好きにパソコンをいじくって良いと言われたので、ブログを書けてます。


ナンパも人が気後れするような美人に声を掛けにいったり、ガンシカされても直ぐに心を切り替えたり、そもそも最初は声掛けができなく泣いたりしてたのに、今は普通に声掛けできるようになったり。

外見も変な若作りはしてないけど、清潔感を維持し、服もブランドにはこだわらないけど変に妥協せず自分に合いそうなものを根気良く探したり。

平日は一日一食(夜に飲みが確定してる時は昼にコンビニのサラダパスタを食べてる)しか食べないし。

怠いなあと思っても、筋トレは続けてるし。

5年前より今の方が体力もあるし、オーラは今の方が圧倒的に強いし。



私は努力至上主義ではないけど、こう思えるのは努力をしたからです。

私は今の自分を誇りに思っています。

自分の事を誇れる。それ自体が誇りですね。


私は本当に自分を良くする強くする為の努力を続けてきて、それが身になっている。

今までよく頑張った。まだまだ頑張りますよ!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。